色々な脱毛の種類

車05脱毛にはさまざまなものに分類されます。まず、レーザー脱毛は、特殊なレーザー光線を毛根部に照射して、毛や毛根、周辺の組織に対しダメージを加えて脱毛します。この脱毛方法は医療行為にあたり、医師あるいは医師に指示を受けた看護師のみが施術することができるものです。

医療機関ではないエステティックサロンなどで、「レーザー脱毛」と称されているものは、レーザーの出力を一定以下に抑えるなどの対応がされたものです。個人差もありますが、部位により痛みがあります。また、皮膚の色の黒い人種や、かなり濃く日焼けをしている場合は、激しい痛みを伴ったり、熱傷を起こす危険があるため、レーザー脱毛は禁忌とされます。

次に、ニードル脱毛は、電気針をひとつひとつの毛穴に差し込んで、高周波の電流を流し、毛根の組織を破壊して脱毛するものです。もっとも効果的なやり方ですが、手間と時間がかかり、熟練した技術が必要となります。また、施術時に激痛を伴うこともあり、現在ではレーザー脱毛の方がよく行われます。それから、「光脱毛」と呼ばれる方法があります。

これは医療行為にはあたらないため、エステティックサロンでも行うことができます。強い白色ランプから発せられる、あらゆる波形の光をフィルターにかけて、脱毛処理のできる波長の光のみを取り出して、その光を毛根部に照射し、「毛根」と「毛包」を焼くという方法です。

レーザー脱毛よりも安価に行うことができ、また痛みも少ないという特徴があります。ただし効果としてはレーザーの方が確実なようです。そして、「ワックス脱毛」という処理の方法もあります。「パラフィン」などの融点の低い固形油で、脱毛専用に作られたワックスを脱毛したい部分に塗って、剥がすことによって毛根から一気に毛を抜き取るというものです。

安価で手軽に行うことができ、自宅での処理も可能です。一気に複数の毛を抜くので、痛みは伴います。このほかにも、脱毛にはさまざまなものに分類されます。自分にとって適していると感じるものを選びましょう。

Filed under: 未分類 — ツルピカ素肌 8:40 PM